中林一仁

2017.11.4(土) 12;11 西宮北口駅構内 TuLLY's Coffee にて

f:id:kazu7804:20171105124913j:image

 

『自分にとって「一番正しい選択」は身体が知っている。』

    ニーチェは、精神と肉体とを分けて、前者を優位とみなす西洋哲学の伝統的な立場を否定し、「身体」こそ理性である、と説いた。

  「本当の気持ち」は身体に宿る。

   心よりも、身体に耳を澄ませることで、人間は「本当にやりたいこと」に気づけると考えたのだ。           

                     「マンガで分かる  ニーチェ」より                                                                                                 

   今日は11月4日(土)。昨日が「文化の日」で3連休の真ん中や。二十四節気でいうと3日後の11月7日が「立冬」。いよいよ暦の上では冬という時期に近づいた。先週と先々週の土日は、珍しく連続で21号、22号と台風が続いて雨ばかりやった(≧∀≦)。おかげで朝のウォーキングもテニスもできなかったのでストレスが溜まってたんやけど、昨日から気持ちよく晴れてくれ、風もなく穏やかな好天気に恵まれたので昨日は昆陽池を2時間かけて、歩いたり走ったりを繰り返した。でも、前から痛めてた左足の膝裏の筋が痛み出したので、今日は無理をせずに、ジョギングはやめてウォーキングを1時間だけに留めておいた。昆陽池の緑も、紅く色付き始めてるものもあり、なかなかの風情(^^)。

ウォーキングには、もってこいの季節になった。

   今日は、朝食は簡単にササット済ませて、6時頃から歩き出し、1時間ほどで切り上げ、帰ってきてからはシャワーを浴びたり、コーヒーを飲みながらテレビのyoutubeでロジャーフェデラーの動画を見たりウダウダしてからイオンモールにワイシャツを預けて13時からの西宮北口でのパーソナルトレーニングの前に、駅構内のTuLLys Coffeeでブログの更新をすることにした。

   それで、今日は、昨日、奈良の100年会館に観に行った「Jazz  Bank」っていうダンスのイベントについて書こうと思った^ - ^。

   ダンスは、去年の6月に始めたんやけど、イベントを観に行くのは今回が初めて。自分の師匠も3人、出演しはるので楽しみにしてた。17時会場で、17時半から21時まで24組ほどのダンスチームが、3分から4分くらいの持ち時間で演技しはるんやけど、17時半ギリギリに会場に到着したら、とても大勢の人が列を作って並んでた。17時開場違うん⁉️って思いながらも仕方なく、大勢の女の子たちが並ぶ列に私も並んだ(≧∀≦)

   まあ、予想はしてたけど、女性が圧倒的に多くて、しかも若い子がほとんどやから華やかというかみんなそれぞれ個性的なファッションに身を包んでオシャレして来てはるから、独特な雰囲気に包まれてて、「なんか、俺って場違いな所におる❓❓」って少し居心地の悪さを感じてた(≧∀≦)

   「 誰か知り合い、おらんかな❓」ってキョロキョロしてたんやけど、2人の師匠と挨拶を交わしただけで、他は知らん人ばかり。なおさら孤独感が募った(≧∀≦)

    仕方なく、自分の席の隣はいつも一緒にレッスンを受けてはる人なんは知ってたから期待していったら、席は空いてて、まだ来てはれへん(≧∀≦)     「俺って、とことんいつでも孤独なんやわ...」って少しセンチメンタルな気分に...

    開演まで間があったので、ホールの入り口付近をウロウロしてたんやけど、誰も知ってる人はおらんかった(≧∀≦)

  _    _ただ今、18:41。今からダンスやからこの続きは後で...                _      _       

    ただ今、21:36   ダンスのレッスンが終わって、阪急梅田駅の8番線のホームや。いつもの通り、東通り商店街を抜けて来た。ダリルホール&ジョンオーツの「Adult  Education」を聴きながら、すれ違う人たちを観察しながら歩いた。少しひんやりとした風が、ダンスで熱を帯びた身体に心地いい^_^

   すれ違う人たちを観察しながら、当たり前やけど、「みんなそれぞれやな...色んな人がおるな...それぞれに人生があって、その数だけ物語があんねんな」なんて感じた。

    それと、3連休の真ん中の土曜日のせいなんか、割に浮かれて楽しそうな人たちも多い気がした。なんか自分だけ冷めてて、浮いてしまってるような違和感を感じつつ、「日本人てほんまに平和ボケしてるん違うん?」つい、先月の衆議院選で自民党が圧勝して第4次安倍内閣が発足してしもたけど、「これでほんまにええん?」なんて感じた。でも、これまた、そんなことを考えてる自分が、周囲とズレてる気がして...まあ、話し相手がおらんから一人でつまらんことばっかり考えてしまうんやろう(≧∀≦)

   それより、Jazz  Bankの続きを書こう。

   結局、知り合いを見つけられずに自席に戻って開演を待った。そして、18時少し前くらいに開演した。

   ダンスをショーとして、観覧するのは初めてやけど、「凄い!」と思った(≧∀≦)

    現役のプロのダンサーが踊るねんから当たり前やねんけど普段のレッスンでは見られへんようなレベルの高い踊りに圧倒された。「身体一つで、こんなにも表現出来るんや(≧∀≦)」もちろん、みんな身体は鍛えてはるから、身体の線は綺麗ねんけど、それ以上に複雑な振り付けを、物凄いキレのある動きでこなしていきはるのを観てで圧倒されてしもた...

  衣装の他、   それぞれ、色んな演出がされてて個人的には、バレエの要素を取り入れて、ステージの端から端までダンサーがダイナミックに踊り抜けるようなもの、あるいは、ストーリー性があって黒衣装に身を包んだ1人が、他のダンサーをまるでマリオネットを操るように動かすような演出が施されたもの、男性のペアで、曲にQueenの「ボヘミアンラプソディー」を使ってたものなんかが気に入った(^^)

   やっぱり、身体も鍛えておかなあかんなぁ〜

    筋力も大事やけど、柔軟性も大事やなぁって、身体の固い私は改めて思った(≧∀≦)

    それと  「  頭が良ければそれでいい」って考え方は嫌やなぁ〜(≧∀≦)

    なんぼ頭が良くても使い方を間違えたら意味ないし、自分が頭ええから言うて、他人を見下したり蔑んだりする人って最低やと思うし...

    ほんまに頭のいい人は、決して偉そうにしいひんもん。頭がいいんやったら、それを他人を助けるために使ってナンボ違うん?

    とにかく、頭も身体も一体。頭だけが良くてもアカン。バランス良く両方とも大事にせなアカンて改めて思った。

  「自分にとって一番正しい選択は、身体が知っている。」というニーチェの指摘の意味は、もう一つよう分からんけど、要は「頭がいいだけではアカンで❗️」ってニーチェも言いたかったん違うんかな?

 f:id:kazu7804:20171105130005j:image